こんな感じでサイトの状態見てたりします。

スポンサーリンク

おはようございます。三日坊主が四日目坊主に突入。
昨日は7月から始めたあるリーフレットが納品されてやっとひと安心。校正がっちりチェックして校了したのだから心配する必要はない、ハズなんだけど、やっぱり納品日にこちらで見本を確認するまで不安はある。この見本も見ながらもしなんかあったらどうしようか、というドキドキ感は何年やっても変わりません(笑)とりあえず問題なかったのでよかった。
まぁそれでも改善の余地というのはいつまでもなくならないわけで、これをたたき台にまた来年検討です。

さてと、ブログを始めて4日目ということはテクトセンスのサイトをリニューアルして4日目。
ウェブ制作をやらせていただいたクライアントさんのサイトに関して、これまでGoogle Analyticsとウェブマスターツールを使ってアクセス状況や検索キーワードってどんなのみんな入れてるんかいなと気にしているわけです。

で、4日前にサイトリニューアルしてからどんな状況になったか見てみた。Google Analyticsの訪問数の画面

グラフ右側が最新ですが、リニューアル前まで誰も見てないサイトだったと丸わかり(汗)
正直、自分のところのサイトってこれまで設立当時に作ってもらったときから放置プレイ状態でした。
ま、そんなわけで今回リニューアルしたのだけど、ホトンド誰にも見てもらえていないサイトだったわけです。
ブログ書いてFacebookやツイッターで書きました、リニューアルしましたと宣伝させていただいて、それに気づいた優しいお友達の方々がアクセスしてくれた涙の結晶です。
僕はこのGoogle Analytics、全部の機能を把握出来てるわけではありませんが、いつどこでどんなキーワードでどの端末から見られているなどがわかります。

こっちはウェブマスターツールの検索クエリ画面。

このグラフの一番右が最新のデータが反映されているのだけど、9月2日のもの。リニューアルオープンしたときだ。
これは表示回数を表してるのだけどほっといてもなんらかの検索に引っかかることもあるようだけど、実際にクリックして見てもらえたわけではない、みたいなことがわかります。

なんか面白いのがこれまでにどの検索キーワードで引っかかったのか。

「病院パンフレットデザイン」というのが一番上にあって甲子園ボウルとか携帯電話イラストなんかが見られる。
リニューアル前のサイトでやらせていただいた仕事で制作例としてサイトに紹介していたところに反応したんだなと思うわけです。で、わからんのが「ヒグマ」。ヒグマってなんだ!?なんでヒグマでテクトセンスのサイトが引っかかったのだ!?

検索と言えば、ヤフーかグーグルかと思いますがヤフーも今や検索エンジンはgoogleさんでして今年の7月に検索アルゴリズムって言うんですか、それがアップデート(パンダアップデート)されて小賢しいSEOテクをより排除するものになったようです。

とまぁ、こんな感じでご依頼いただいたサイトに関して日々こうして見てるわけですが、やっぱり更新が滞ったサイトはアクセスが減って行きます。職種によっては更新する材料がないというのもわからないでもないですが、なんかあるでしょ!?伝えることがあるからサイト立ち上げたわけで、それが何かを考えればなんかしら書く材料ってあるハズだと思うんです。はい。
放置プレイになってしまってるサイト、ちょっと見直してみたらどーでしょう。

タイトルとURLをコピーしました