ケータイサイト制作、スマホ対応なのかガラケー対応なのかどうする?

スポンサーリンク

はっと気づけば5:00過ぎていて外は真っ暗。メディアの仕事をしている方々は年末進行も絡んで来てお忙しいことと存じます…。以前ほどは忙しくはなくなったとは言え、やはり何かしら影響はあるもので、ありがたく過ごさせていただいております。

さてそんな折、スマホ対応の仕事も考えなくてはならなくなって参りました。これまでウェブ制作と言えばPCで見るサイト作りをして来ましたが、いよいよもって避けてはおられぬ状況となって来ましてちょっと慌てております。実はこれまでスマホ(ケータイ)サイト制作の依頼を受けたことがなく、来たら出来る人に頼めばいいやというくらい、こちらからも積極的に提案することなくここまで来てしまいました。しかし、こちらで制作し進行管理を受け持っている各サイトのアクセス状況を見てみると、やはりスマホや携帯でのアクセスもそこそこあり、対応できていないサイトをどうするか考えなくてはと相成りました。

ケータイと言ってもガラケーとスマホの2つありまして、それぞれに対応した作りが必要となります。iPhoneが出て来てからスマホと呼ばれる機種がたくさん存在することになりましたが、スマホとケータイの利用者数ってググってみましたら、スマホ2,400万人、ガラケー7,800万人ということだそうです。断然ガラケー派多数の日本です。


ウチもこれお借りしました。詳しくはこちら

クライアントさんもさらりとケータイサイト作らないとな。とおっしゃいますが、ガラケー対応のものにするのか、スマホ対応のものにするのか、いや両方対応のものだよとか、制作上諸々都合もあるので決めていただかないといけません。上記のような一般的な利用者数と利用率とかから始まり、自分のお客さん層はどちら派が多いのか調べてみてからでないともったいない残念なことになりそうです。

そもそもケータイサイトの制作なんてやりたくねぇなーと思っていたのはその動作確認に基本3キャリアってのがあってまずはそれぞれに対応し、その後それぞれのケータイ何機種で試せばOKと言えるのかがわからない。つまりキリないしやってられっか!どうやってテスト用の携帯端末揃えたらいいのかっ!などがわからなかったため、避けて来たというホンネがありました。

スマホ&ケータイ
スマホとガラケーイメージ。もうしばらくしたら右のようなガラケーは日本でも見られなくなるのか!?正直ガラケーの方が扱いにくかったと思ってます。はい。(写真お借りしました)

探せばスマホ・ガラケーサイト制作請負います!の事業者たくさん見つかるのですが、上記のようなホンネはどうクリアして利益を上げているのか知りたいところです。なんかまだケータイサイト制作に関わりたくない的なニュアンスを醸し出しておりますが、がんばらねばとは思っているのです。だけど、PCサイト作るときよりいろんな条件での動作保証ができるほど深く対応できるのか、全くわからないわけであります。最もPCサイト制作でもWin or Macというのがありましたしブラウザの種類、バージョンによる動作確認を出来る所までやってきたつもりです。が、それももしかしたらある人のパソコンではレイアウト崩れているのかもしれないし、そこまで心配してられるかという投げやりな気持ちもないわけではない。ひとくちにケータイサイトと言ってもPCより手間ひま掛かりそうな作業してどれくらい儲かるのかなども株式会社としては考える必要もあるわけです。

ちなみにこのブログってwordpressで作られていて会社のサイトも兼ねています。で、スマホには対応していてそれなりに見えるようになっていますが、ガラケーではどう見えるのか試してないのでわかっておりません。
スマホ(ケータイ)サイト制作はちょっとクライアントさんとよく話してから対応しないとなぁ。
ぼちぼち勉強もしていきますが…。

タイトルとURLをコピーしました