最近の電子書籍と新kindle paper whiteやら新iPadやら

スポンサーリンク

先日の台風26号はやはり大きな被害をもたらしました。毎年この時期台風は来るものなので、誰だってそれなりに気をつけてはいるんだろうけど、伊豆大島の災害のように起って初めて「なんであそこであんなことに…」と思ったりするばかりです。伊豆諸島なんてこれまでも散々大きな台風に直撃されて来てるだろうにと、東京の都市部に居ながら思うのですが、後から雨量がとてつもなく多かったんだよと聞かされても、もしその時現地にいたとして何が出来たんだろう?と思う訳です。で、すでに台風27号も発生してまして、今度はどういう経路辿るのかと気にはするのだけど、実はそれっきりなのです。たいていの人がそうなんだろうなと。

ということで、前置きと全く関係ないのですが、最近の電子書籍事情はどーなってんだ!?と気になった。Kindle paper whiteが出たのって確か去年の今頃ではなかったと見てみたらそうでした。予約してまで手に入れたKindle paper white。1年経ちましたがホトンド、コミックスリーダーと化しております(笑)やっぱり漫画はすぐ増えちゃってその割に2度目読もうとするのがいつのことやら、保管スペースも無駄に取ることになるので、これこそ電子書籍として読むべきとなってしまいました。

new kindle paper white
これは「New Kindle Paper white」Amazonのサイトから画像拝借。ちょうど1年経って新しいのが出るようです。

発売予定日は2013年10月22日です。発売予定日は変更となる場合があります。Amazon.co.jpが販売、発送します。発売日に商品を受け取るには、お急ぎ便をご利用のうえ、予約注文してください。

とのこと。

自分が読みたいと思う本は、実際電子化されていないのがホトンドだけど、そもそも電子書籍としてあるわけないだろと思い込んでしまってるところがあって、Amazonで注文するときに電子化されているかどうかも気にしてない。なので漫画以外の書籍は紙の本です。以前は多少なりとも電子で読んでみよう!という気があって購入して読んでみたりしていたのだけど、それすらも薄れてしまっている2013年秋の黄昏時です。

iPadのようなタブレット端末というのは単なる電子書籍リーダーというわけではなく、次から次へと新商品が出て来ます。10月22日には新iPadの発表もあるようで、初代のもの今でも使い続けているので今度の購入しようかどうか考え中。初代のものと比較したらめっちゃ軽くて画面もさらにきれいなんだろうなぁ。だけど、サイト見てると途中で終了してしまうことが少なからずあるけど、それほど不自由はしていない…。
ipad5見本
【まとめ】発表直前に見ておきたい、新型iPadとiPad mini予想・噂記事一挙紹介!

自分で所有している電子書籍が読める端末は上記で述べて来た機種で、それにiPhoneもある。なのでたぶん、ガジェット小僧でもないのでこれ以上必要としないと思うのだけど、何がどうなっているのかちょっと気になるのでまずkoboをググってみる。

Kobo、電子書籍リーダー端末「kobo Aura」を日本市場に投入
ということでこんなの出るようです。
kobo Aura
12月上旬から出荷予定だそう。

次はBookLive Lideo
BookLive Lideo

通信契約不要でWiMAX通信が利用可能。“Lideo”だけで、書籍選び、購入、読書まで行うことができます。
WiMAX通信料は不要です。パソコンも不要です。
※無線LAN(b/g/n)にも対応しています。

とのこと。

そして出るのは割と早かったSony reader
Sony reader

最初のころ直接ダウンロードできない!?とかで目が点になった覚えがあるのだけど、今はどうなってるのだろか…。なんかもうスペックとかどうでもよくなって来た。

と、ハード的にはパッと見どれも似たようなもんで値段も大差なく…という見方をしてしまうのだけど、電子書籍としてAmazonにはないけどreader storeにはあるっていう本があったりするのだろうか。でもそれを探すことがもうダメなわけで、あの電子書籍はkoboの中とか、Lideoだとか覚えてられんしなぁ。

でも去年よりは今年、今年よりは来年と電子書籍数は増えていくんだろうな。
来年またこの時期に何をボヤいているだろうかオレ。

タイトルとURLをコピーしました