ウェブサイトでブログを設置するのにwordpressを利用していただく理由

スポンサーリンク

このブログはwordpress(ver.4.3.1 Simplicity テーマ)で書いています。仕事でwebサイトを作ることもやっていて、そのサイトにブログのページを設ける際には、wordpressを利用してもらっています。
 
wordpressイメージ
 ↑ロゴのヴァリエーションたくさんあるなぁ…
 
なぜそうしてもらうかと言いますと、いわゆるCMSというやつの導入で、ブログを書くお手軽さでよくわからないhtmlをいじらなくても伝えたい文章が書けて、自動的にNews & Topicsなどに更新のお知らせが出来るので更新作業がラク!だからです。

でもそんなことよりも、独自ドメイン下(例えばwww.○○○○○.com/blogといったディレクトリー)でブログを設置してせっせと書いた方がそのサイトへのアクセスもより増えて、そのサイトがネットショップであるなら売り上げにも直接影響するから有利です。とか、独自ドメイン下でブログを書くことでそのサイトのページ数(html数!?)が増えて行くとサイトの規模も大きくなるにつれてGoogle様に拾ってもらえるキーワードも増えて、役に立つ内容が多ければ検索に有利(SEO対策)とも言えるからです。(大雑把にそんなところです…)

どこかのIT企業の無料ブログサービスの利用だと、ドメインがその企業のものなので、そのブログのアクセスが自分のサイトURLへのアクセスとはなりません。企業側としては無料ブログサービスを利用してせっせと書いてもらうことで、広告表示スペースが増やせて何らかの儲けに繋がるという思惑もあるわけで、それだったら自分のドメインでブログやった方が商売自分でやられてる方にはよりいいだろ!ということなのです。

無料ブログサービスの中には、そのブログで書かれた記事の著作権はその無料ブログを提供している企業に属するという規約があったりもするので、そのあたり注意が必要な方はご再考されたしということです。

そんなわけで、ブログはwordpressを利用している(してもらっている)のですが、いわゆるSEO対策としてプラグインの『All in One SEO』を入れてもらっています。
 
All in One SEO
 
で、このインターネットの世界は日々ヴァージョンアップが進んで行くのですが、wordpress本体は元より各種プラグインもヴァージョンアップして行きます。そうするとこれまで設定していたままではいられなくなり、新たな機能が追加されていれば、その設定をしてやらないとこれまで問題なく機能していた部分が機能しなくなる!ということが多々起ります。

昨日『FacebookのProfile Admins IDの調べ方2015年10月現在』というブログ書いたのですが、ここに書いたことが『All in One SEO』の設定に必要になったからでした。

ヴァージョンアップなんてなければ何の問題も起らなかったのに…ということはPC上ではよくあることですが、嘆いてもしかたない(苦笑)より便利に、機能的になっているハズと信じて追いついて行かなくては(笑)

ということで、wordpressにバージョン 2.2.7.2の『All in One SEO』を設置して、書いた記事をfacebookでするに紹介するにあたって希望する画像や説明文が出ない!ということになって、あれこれググってもすでに古い記事ばかりで、こうすればいいという記事に巡り会わず、どうしようもなくなりプログラマーさん教えを乞うて助かったこと、今のところこれで行くしかないかなというあたりを、次のブログで書いておきたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました