齢50にして初めてメガネを作った。よく見える。

スポンサーリンク

これまでにメガネやコンタクトをしたことがなかったのだけど、50歳になりいよいよ目が悪くなってきた。
 
スマホ見ててどこか離れたところを見ると全体がぼやけてしまって、かなり大きな文字なんかも読めなくなってきたし、夜、高速道路走ってても緑の大きな看板も見えづらく、これはかなりマズイなと。
 
目のピント調節機能が衰えたようで、こういうのも老眼の症状のひとつだという話も聞いたことあったので、いよいよ老眼鏡かぁと、とりあえず眼科に行って来た。
 
視力検査表
 
おなじみのこういうヤツ前にして、左右それぞれレンズをあれこれサシカエながら上下右左とやってみたら左右ともども視力0.4という結果だった。で、聞いてみると老眼ということではなくて近眼だと!

年齢的に勝手に老眼だと思い込んでいたのだけど、確かに近くが見えにくく離さないといけないということはないので、老眼ではないと言われれば素直に納得。このときやや嬉しかったのは、ジイさんの仲間入りはまだ先と判定されたかのような診断結果だったからだろかw いやいや現実的には他の部分で色々衰えているのはよくわかっておるのぢゃ(笑)メガネの処方箋書いてもらってそれを持ってZoffに行って来た。

ZOFF

一通り見回してみて、すぐにこの『Classic』の右下黒フチのものにした。
 
ZOFF CLASSIC
 
フレーム持ってレジに向かうとテキパキとレンズどうするか聞かれて、最初だからと標準の早くセットして持って帰れるものを選択。合計金額12,960円也。
 
初メガネ
 
これ付けたり外したりしてみると、結構いろんなものがボヤけて見えてたことに驚くし、ピントがシャープになってよく見える(笑)世の中明るくなったように感じるぞ。

基本、服以外身につけるものが嫌いで、時計、ネックレス、指輪、首輪、腕輪っちゅうものはしない派なのだが、これからメガネをしていることがデフォルトになっていくのだろうか。
 
これだけよく見えるようになるんだから、すぐに慣れるような気がする。

タイトルとURLをコピーしました