50歳を過ぎて1年もかけずムリ無く体重を最大10kg減らして糖尿病から脱する方法

久しぶりのブログの内容がこういうことなのですが、せっかくなので記録しておき、あわよくば人の役に立てばと思いますが…。

基本的にビールが好きで、夜になれば缶ビールをプシュっとするのが当たり前、夕食後も夜中に腹が減れば何かしら好きに喰うなどしていたため、体重も70kg前後が当たり前になっていました。20代のころは61,2kgだったかと…。

40代中頃までは65kg前後を維持していたのだけど、段々と代謝とかカロリー消費力なんかが衰えて来てたんでしょうね。パッと見、自分は太っては見えないし、太る体質ではないと変に信じ込んでいたこともありましたが、確かに腹は出ておりましたよ…。ひと昔前のズボンやベルトしてみるとよくわかる(笑)

区が実施する年1回の健康診査は40歳代初めごろから受けていて、4,5年前から『糖尿病』の欄、要指導部分にチェックが入るようになってました。そのため改善プログラムに従って実施したかを記入して提出みたいなことを強要されるハメになりもしました。まぁそれもテキトーにあしらっておりました。

で、そんないい加減なことをしていたら昨年2016年度、要指導から要医療に格上げされまして、要するにアンタは糖尿病です! と宣告されたわけでした。

2016年の総合判定はこんな感じでした。

2016年総合判定

要指導項目で4つ。高血圧、LDLコレステロール、中性脂肪値、アルコール性肝疾患
そして要医療に輝いたのは『糖尿病

「糖尿病が認められます。内科受診をお勧めします。」とハッキリ書いてあります。

もろもろ数値的な一覧は以下の通り。個人情報を惜しげも無く公開!

2016年健康診査結果

2016年の健診のときは身長170.1cmありました。自分はこれ、年によって縮むことがあります。体重は67.7kgだったんですね。そして腹まわりは84.6cmだったと。血圧はデジタルで計ると上が135とかになって念のため手動で計ってみると120代になる…。手動で計った方を採用。なんでだろか。

下の方、【健診項目3】のところで鉛筆書きしてあるのは基準値です。それと比べるとどーなんだということです。中性脂肪は150未満であるべきところ、279という値。倍近いぞおい! そして血糖も100未満が望ましいところで131を記録しておりました。

ということで、毎年一緒に健診受けているヨメさんも血糖値などやや高めということもあり、食いもん変える! ということになりました。

まずは朝。元々胃のためにヨーグルトだけ飲んでいたのだけど、そのヨーグルトもカロリーの低い食べるものに変え、コーヒーにトースト1枚を加えることに。

朝食例

昼は今は自宅兼事務所なので、以前のようにコンビニの揚げ物中心の弁当から、作ってくれる揚げ物のない食事に。昼はその後仕事もあるわけなのでカロリーも消費しやすいだろうと、ご飯ものや麺類を食することもあります。

昼飯例

そして夕飯なのだけど、まず米ツブを食べないことに。そして最初に食べるものとしてお椀ひとつ分のキャベツの千切りから食べるということに。これにはドレッシングやらソースはかけて食べます。おかずとしてはやはり野菜中心になりました。サカナは好きなのでそれはそれで通常通りで、肉類は主にブタ。タンパク源としては鶏肉はいいのだけど、これはヨメさんが絶対食えないものなので食卓には出ない。

夕飯例

そしてあれだけ飲んでいたビールなのですが、あるときからハイボールに変わりました。ビールたらふく飲んだ後に焼酎やらウイスキーなど飲むと翌朝たいていダメダメ状態になってたので、そもそもウイスキーとか飲めないと思っていましたが…。

自分+ardbeg

なんか調子のってますが…たまにお邪魔させていただくジャズライブハウスで、ペーペーのころからお世話になっているイラストレーター松下 進 御大がいつもたしなまれているardbegを頂戴したことがありました。

そしたらこれがなんとイケてしまいましたw

最初飲んだとき、薬のような香りと味であれっと思いましたが、程なくうまいと感じてしまいまして…w 飲んでるとべろんべろんに酔うことなく、翌朝気分悪いことにもならず、こりゃいいなと。松下御大はこれだと「酔わない」のだそう。その後『ardbeg』ってかなり高いお酒であることを知るわけですが…ずいぶん遠慮なく飲んでしまいすんませんでした! っていまだに行けばご馳走になってますが…。

ということがキッカケで糖質控える手段として、ビールの替わりにハイボールがいいんでないの!? ということで、ardbeg自宅飲みなんて身分ではないので、これ。

BlackNikka

基本的にビール同様、炭酸で喉シュワーっとさせたいので『Wilkinson』は必需品に。これのAmazonダッシュボタン購入しよかと思ったくらい。

こうして家飲みの基本はハイボールとなりました。だけどたまに飲みに行ったり休日に飲むってときには、遠慮なくビール行かせていただいてます。(余談だけど一番搾り、ずいぶんフルーティな味になっちゃいましたね…う〜ん)

ということで、2016年の10月に上の健診結果が出てからこうした食習慣となったわけです。運動もしなさいと言われましたが、基本走るとか嫌いなのでそれはしていない。運動と言えばプロレス式の腕立て、プッシュアップをほぼ毎日25回(これ以上やらない)やってますが、これは糖尿病改善のためにやっていたわけではなく、ジギングという釣りですぐに腕がへたるようになってたので、その改善のためです。

2016年10月ごろからそんな食べ方・飲み方をして、胃が小さくなるってことがホントにあるかどうか知りませんが、段々と食べる量、食べられる量が減りました。基本出たものだけ食べてOKみたいな感じに。たまに夜中に起きててなんか食べたいと思うことはあるけど、食わないと気が済まないということがなくなっておりました。

あと気がついたところで、体重が減って来て何らかの体質が変わりつつあったためか、やたらと体がかゆい時期がありました。最近髪の毛が白く細くなってきたのもそのせいか(笑)

そんなこんなですが、たまにはいいかと夜遅くにビール買って来て飲むことありますよ。でもそれが連日続く訳ではなくホントにたま〜のことなので、体重が増えるといった影響は出てないようです。

2017年8月1日に健診に行ったときの結果が先日出ました。これです。

2017年健診結果

身長は縮みまして169.8cmとなりw、体重は67.7kgから61.3kg、腹回りは84.6cmから75.0cmへ。

中性脂肪279だったのが111に。血糖値は131から112。これがあんまり減ってないような。肝機能ですが、γ-GTが54から31へ。LDLコレステロール120から113へ。

こんな感じでトータル的に高かった数値は低くなっておりまして、担当医師からは糖尿病は脱したとのお話をいただきました。まぁやれやれかと。ただ血糖・HbA1cが高めということで、糖尿病に関しては一応要指導の範疇に入っておりました。

糖尿病から脱したということだけど、良かったと思うのは、食事制限ががんばってやることではなかったことかなと。やっぱり夜中腹へってしょうがないとか、ビールでないと気が済まないといったことがなかったのが良かったのかなと。今の食事で十分事足りてる状態になっちゃってるので、いわゆるリバウンド的なことは起らないような気がします。

体重減らすにあたって、ハードなトレーニングで体イジメて食う量減らして3か月で-10kg目指すとかは、自分にはそのやり方は合ってなかったんぢゃないかなと思います。

スポンサーリンク
336
336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする